ベビ待ちさんにぜひ摂取していただきたい栄養素、葉酸

ベビ待ちさんにぜひ摂取していただきたい栄養素、葉酸

MENU

ベビ待ちさんにぜひ摂取していただきたい栄養素、葉酸

ベビ待ちさんにぜひ摂取していただきたい栄養素、葉酸

 

葉酸という栄養素があります。私が葉酸のことを知ったのは、妊娠してからでした。

 

ですが、葉酸をしっかり摂るべき期間は、妊娠前と妊娠初期なのです。ですので、なぜ妊娠前と妊娠初期に摂取することが重要なのか、赤ちゃんにどういう影響があるのか、そういった葉酸の効果についてここで説明したいと思います。

 

・神経管閉鎖障害の予防

 

赤ちゃんの神経管閉鎖障害の危険性を減らしてくれるのが、葉酸です。赤ちゃんのことを考えるなら、毎日しっかり葉酸を摂ることお勧めします。妊娠中の葉酸の摂取が赤ちゃんのためとなるのです。

 

・血を造り、細胞を再生させる

 

妊娠の1ヶ月前から葉酸をしっかり摂ることにより、胎児が障害にかかってしまう可能性が減ると言われています。ですが、栄養素として、葉酸の摂取は日頃から行うべきです。

 

もちろん、妊娠中だけでなく、授乳期にも、葉酸を摂ることは重要です。葉酸の摂取については母子帳にも書かれており、厚生労働省も積極的な摂取をするよう推しています。

 

・では、葉酸をどのくらい摂取すればよいのか

 

葉酸の1日の推奨摂取量は1日当たり400μgとなっています。

 

ですが、葉酸は熱に弱かったり、水に溶けて流れ出してしまったりする性質があるので、料理をしている間に大半が失われてしまいます。そのため普段の食事からだけで補うのは非常に困難で、葉酸のサプリメントを利用するのが現実的です。

 

・葉酸が多く含まれている食品とは

 

サプリメントだけに頼るというのも考え物なので、含有量の多い食品を挙げてみましょう。

 

うなぎ、ホウレンソウ、アスパラガス、ブロッコリー、イチゴ、などで、それぞれの含有量は順に、380μg240μg、180μg、120μg、90μg、です。他にも葉酸はフルーツ、海藻、大豆製品にも含まれています。いろいろな食材を食べ、偏った栄養源にしないことが大切です。

 

また、1日1000μg以上の摂取は過度な摂取となり、悪影響になるので、摂り過ぎには注意が必要です。

 

 

熱処理などの調理過程で大半が失われてしまう葉酸を摂るのには、やはり、サプリメントが現実的です。様々なサプリメントが売られているので、自分に合ったサプリメントを探してみてください。
もっとくわしく⇒葉酸サプリ 無添加

ベビ待ち中に食べてほしい食材

ベビ待ち中に食べてほしい食材

 

●何が妊活で重要なのか

 

体を冷やさないことが、妊活では重要です。

 

体の器官をきちんと働くのは平熱36.5°以上と言われています。妊活では、月経や排卵などの体の活動が重要なので、平熱を高める必要があります。

 

逆に体温が低いと、自分の体の健康の維持にいっぱいいっぱいになってしまいます。なので、妊活中にお勧めする食品は、体温を上げることができる食品ということになります。

 

では実際にそういった効果のある食品を紹介したいと思います。

 

・薬味類(ショウガやネギ)

 

体温を上げる効果がある食品として有名なのが、ショウガやネギなどの薬味類です。食べる方法は、炒めものや鍋、お味噌汁など、様々なので、比較的摂りやすい食材だと思います。冷えを治すには、加熱調理することによりさらに高い効果が期待できます。

 

・黒色の食材(ヒジキや黒ゴマ)

 

妊活では欠かすことのできないホルモンの働き、その力を強くしてくれるのが黒ゴマやヒジキです。

 

より吸収の効率をよくするには、すりごまとして摂取するのがおすすめです。すりごまにすることにより、青菜の胡麻和えや、シンプルに塩と混ぜてご飯にかけて食べるなど、様々な料理に使えます。

 

・赤色の食べ物(豚肉や人参)

 

造血や血行促進の効果があるのが赤い色の食材です。赤色の食材として代表的なものは、人参や豚肉、パプリカなどです。

 

肉類から豊富で優れたたんぱく質を摂ることも重要です。ですが、油を摂り過ぎるのはよくないので脂身の少ないものを選んで食べるよう心がけましょう。

 

妊活中には、水銀が含まれていることがあるマグロなどはあまり摂らない方が良いかもしれません。

 

・たんぱく質

 

体を作る働きのあるたんぱく質、特に植物性のものがおすすめです。その理由は、動物性のたんぱく質はカロリーが高く、植物性のものにたくさん含まれている葉酸も動物性のものにはあまり含まれていません。葉酸は妊娠初期に必要になってくる、赤ちゃんの脳や神経などの成長に欠かすことのできない栄養素なので、植物性たんぱく質と併せて摂取しましょう。

 

もちろん、動物性たんぱく質を全く摂らない方が良いというわけではありません。様々な食品からたんぱく質を摂ることで、栄養バランスの優れた食生活を行うことができるのです。

 

植物性たんぱく質の豊富な食品は、枝豆や納豆などです。

 

・ホットのルイボスティー

 

ルイボスティーには、卵子の老化を防ぐ働きがあったり、亜鉛や鉄分などの、卵子や精子の材料になるミネラルをたくさん含んでいたりします。ノンカフェインなので、安心して飲むこともでき、妊婦さんにもおすすめできます。体を冷やさないためにも、是非ホットで飲んでください。

 

 

普段の食事から、これらの食品を使うことで、着実と妊活を進めることができます。独特な癖のある食材を摂らなければならないというわけではないので、簡単に食生活に取り入れることができると思います。

もずの魔法石鹸の特徴

●もずの魔法石鹸

 

もずの魔法石鹸は美容成分としているフコイダンを主成分として配合されています。
フコイダンはあまり聞いたことがない人が多いと思いますが、このフコイダンをふんだんに含まれているのが、もずくになります。
もずくは身体に良いとして有名になっているのですが、もずくに含まれているフコイダンは美容にも良くなっている成分となります。

 

フコイダンはどのような働きをしてくれるのかというと、紫外線そして乾きから肌を守るようにしているバリアの機能がありますので、乾燥肌の対策まで出来てしまう成分なんです。
肌にとっては乾きそして紫外線はとても良くないですので、美肌になるためにもまずは乾燥を防いでそして害のある紫外線から身を守るようにするのが非常に重要となります。
ですので、乾燥肌になってしまったり、そして仕事などでどうしても紫外線を浴びてしまうようになっているのなら、このもずの魔法石鹸でケアをするのがお勧めです。

 

もずの魔法石鹸は90日間分に相当をする実感キットが販売されていて、価格は通常なら3933円となるのですが、初回のみで1260円で購入出来るようになっています。
この価格ならお試しとして使用出来るようになっていますので、まずはもずの魔法石鹸を使用してみて効果を実感してみるようにするのが良いですね。
もずの魔法石鹸はもずくに含まれている成分が主成分となっていますので、安心をして使用出来るようになっているからこそお勧め出来ます。

 

更新履歴